かわいいペットが亡くなればつらく悲しいものです。
たくさんの思い出をつくってくれたあなたの大切なペットのために
きれいな最期を飾ってあげましょう。

その1 臨終後、安らかな姿で安置してください。(ご遺体の硬直に注意)

犬や猫の死後硬直は、我々の予想より早く手足から腹部、頭部といった順序で広がっていきます。

遺体を放置しておくと、前・後肢がつっぱったまま硬直してしまい、棺に収まらなくなる可能性があります。

ペットがなくなられたら、前・後肢を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。

その2 ご遺体を清めましょう。

まず、毛並みや尻尾を整えます。

お湯でぬらしたガーゼや布で全身をやさしく拭いてあげましょう。

口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますので、ガーゼなどで拭き取ってください。

(これは、人間の場合にも起こる自然現象なので心配しないで下さいね。)

その3 ご遺体の安置の方法と注意点

ダンボールなどのケースに毛布やバスタオルを敷いて安置します。体液がしみ出す事がありますので、その下にペットシートやビニールを敷くとよいでしょう。そして、頭とお腹のあたりを多めのドライアイスや保冷剤でよく冷やします。この時、バスタオルなどでペットの体を一緒に包むようにすると、保冷性が保たれます。

夏場や2~3日家で安置する場合には、エアコンをなるべく低い温度で設定し、ご遺体が腐敗するのを防ぎます。また、外気が触れないようにタオル等をかけてあげてください。

ご遺体は外気が触れると腐敗が早まります。風(エアコンや扇風機も含む)にあたらない場所で安置してください。そしてお体にバスタオルを掛けてあげてください。

(※重要) ご家族様にしていただくことは以上です。保冷処置を施しても血液や体液が出てくることがあります。絶対に素手で触れないようにティッシュでふき取ってあげてください。

その4 最期の時を過ごす

ペットが生前愛用していた器に、好物の食べ物とお水を入れて、ご遺体の脇にお供えものをしましょう。お花や写真、愛用していたおもちゃなどもあれば、一緒に飾ってあげると良いです。

火葬の日までは、毎朝お水と食べ物を換えます。ペットが大好きな家族と過ごせる最後の時間です。愛情をたっぷり注いであげて下さい。お線香をたいてあげても良いでしょう。人間と違って動物には形式がありません。

お通夜というと大げさになりますが、火葬する前にご自分の心が納得、満足するように充分にお別れをする事をお勧めします。弊社でご用意する、お通夜・お別れ式セット以外でもご自宅にある物でも充分に用意できます。(箱・ダンボール・写真立て・ローソク・お線香・お花など)

その5 祭壇・納棺の準備

祭壇を作ります。棺にご遺体を納棺してあげます。生前愛用していた物を一緒に入れてあげましょう。遺体を準備して仏花、ローソク、御香や線香を焚いてあげます。お水と好物もお供えしましょう。
遺体は、生前眠っていたときのように安らかな姿にしてあげてください。せめて一夜は見守ってあげたいものです。
写真立てにお気に入りの写真を飾る。
生花・お水・ローソク・お線香。
お棺(ダンボール)の下にビニールを敷く。
愛用していた食事の容器など普段通りに置く。
生前愛用していた物を一緒に飾りましょう。

その他 犬が死亡したときの手続き

犬が死亡した場合、保健所に鑑札及び狂犬病注射票を添え飼い犬登録の抹消手続きをする必要があります。狂犬病にかかった犬、あるいはかかった疑いのある犬またはこれらの犬にかまれた犬については保健所に引き渡さなければなりません。血統書のある犬の場合は、登録団体にも連絡し所定の手続きを取ります。

ペット霊園 愛の森 〒504-0009岐阜県各務原市那加扇平4−5

法要等に関するお問合せ・ご相談は 9:00~18:00 ペットのご葬儀・ご火葬のご予約は 8:00~22:00

ペット霊園 愛の森

〒504-0009岐阜県各務原市那加扇平4−5

法要等に関するお問合せ・ご相談は
9:00~18:00

ペットのご葬儀・ご火葬のご予約は
8:00~22:00

電話:0120-60-1125